【鳴釜展】

 

 

2021年5月/月一妖怪展:第57弾

 


メインビジュアル:なな・いろは DM_design:Studio Turbine



◆鳴釜

鳴釜(なりかま、なりがま)または釜鳴(かまなり)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。頭が釜の妖怪が絵馬を手にした姿で描かれている。

石燕による解説には『白沢避怪図』(『白沢図』)にあるとされる中国における釜などを鳴らして音を出す妖怪・斂女(れんじょ)についての文が引かれ、鳴釜については直接的には明記されていない。

室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも釜の妖怪が描かれており、これがモデルになって描かれた妖怪であると考えられている。

※Wikipediaより


内容:

「鳴釜」をモチーフとした作品や絵画、イラスト、雑貨、グッズ、立体作品、パーフォマンス、音源等の企画展です。参加条件は「鳴釜」がモチーフやテーマになっていることのみ。

鳴釜がメインであれば、他の妖怪がいても大丈夫です!

●企画名:鳴釜展

●日程:2021年5月13日(木)〜5月23日(日)

●定休日:5月18日(火)、19日(水)予定。

●時間:平日:12時〜18時

   土日祝:12時〜19時

   ※最終日のみ17時終了

●場所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-17 2F 大怪店ギャラリー

●TEL:050-5309-2219

●入場料:無料

 

SNS拡散用ハッシュタグは #鳴釜展

短縮URLは http://bit.ly/3rsSlvH

となります。

 

参加告知/作品告知や戦利品報告は #鳴釜展 のハッシュタグを入れて呟いてください。



★特別企画:

●鳴釜Tシャツ/S~XXLまで対応(DMK×大怪店コラボ)

作品名:鳴釜Tシャツ/S~XXLまで対応(DMK×大怪店コラボ)

デザイン:Morry(DrunkMonsterKing)

製作:大怪店 BODY:UnitedAthle 6.0oz オープンエンド へヴィーウェイト Tシャツ

シルクスクリーン 2版刷

サイズ:S/M/L/XL/XXL

今にも噛みつきそうな鳴釜がフロントにデザインされましたシルクスクリーンTシャツです!

シルクスクリーンでの手刷のため、かすれやにじみ、ずれある場合がございますが味です。

BODY色は黒、インクはビビッドなピンクとイエロー2色!

 

オンラインギャラリー(通販サイト)


●参加作家募集

参加費:3000円

※「鳴釜展」は大怪店で毎月恒例の「月一妖怪展」です。

大怪店内の該当の妖怪貸箱利用者は参加費無料!

販売手数料:30%

作品形態:グッズやアクセサリ、アパレル、イラスト、絵画、立体作品、パフォーマンス、音楽、等々なんでもかまいません。一点物でも量産品でもかまいません。スペースは参加人数によって変動いたしますがイラスト絵はA4程度が目安と思ってください。それより大きいものはご相談ください。

また、期間中にワークショップ開催したい、また在廊希望等もあれば一緒にお問い合わせください。

不明点はお気軽にご相談ください。

 

募集人数最大20名程度

 

申し込みは以下フォームより願います。

三次募集中。

 

参加者募集フォーム


★搬入出予定

●搬入

 直接:5月10日(水)15時〜18時  

 郵送:5月10日(水)12時〜17時

 

●搬出日

 直接/郵送共に5月23日(日)17時〜19時