【雪女展】

 

2020年2月/月一妖怪展:第42弾

 



●雪女(ゆきおんな)は、雪の妖怪。別名として「ユキムスメ」、「ユキオナゴ」、「ユキジョロウ(雪女郎)」、「ユキアネサ」、「雪オンバ」、「雪ンバ」(愛媛)、「雪降り婆」とも呼ばれる。「ツララオンナ」、「カネコリムスメ」「シガマニョウボウ」など、氷柱に結びつけて呼ばれることも多い。

雪女の起源は古く、室町時代末期の連歌師・宗祇法師による『宗祇諸国物語』には、法師が越後国(現・新潟県)に滞在していたときに雪女を見たと記述があることから、室町時代には既に伝承があったことがわかる。

呼び方は違えど、常に「死」を表す白装束を身にまとい男に冷たい息を吹きかけて凍死させたり、男の精を吸いつくして殺すところは共通しており、広く「雪の妖怪」として怖れられていた。  雪女は『宗祇諸国物語』をもとにした小泉八雲の『怪談』「雪女」の様に、恐ろしくも美しい存在として語られることが多く、雪の性質からはかなさを連想させられる。

※Wikipediaより


内容:

「雪女」をモチーフとした作品や絵画、イラスト、雑貨、グッズ、立体作品、パーフォマンス、音源等の企画展です。参加条件は「雪女」がモチーフやテーマになっていることのみ。

雪女がメインであれば、他の妖怪がいても大丈夫です!

●企画名:雪女展

●日程:2020年2月6日(木)〜2月16日(日)

●定休日:2月11日(火)、12日(水)予定。

●時間:12時〜19時

●場所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-17 2F 大怪店ギャラリー

●TEL:050-5309-2219

●入場料:無料

 

SNS拡散用ハッシュタグは #雪女展

短縮URLは http://bit.ly/2PFQwKb

となります。  


●出展作家:(順不同)

Frau Fuchsひみこローズ/芸人怪奇倶楽部/桂木いさまゆすみえ巨勢大蛇堂彩狐真月亭BUNIZUCCIKiki☆Mayドングリ紫雨工房綾瀬凛/etc


●参加作家募集

参加費:3000円

※「雪女」は大怪店で毎月恒例の「月一妖怪展」です。

大怪店内の該当の妖怪貸箱利用者は参加費無料!

販売手数料:30%

作品形態:グッズやアクセサリ、アパレル、イラスト、絵画、立体作品、パフォーマンス、音楽、等々なんでもかまいません。一点物でも量産品でもかまいません。スペースは参加人数によって変動いたしますがイラスト絵はA4程度が目安と思ってください。それより大きいものはご相談ください。

また、期間中にワークショップ開催したい、また在廊希望等もあれば一緒にお問い合わせください。

不明点はお気軽にご相談ください。

 

募集人数最大20名程度

 

申し込みは以下フォームより願います。

一次募集終了。

二次募集終了。

三次募集中。

 

参加者募集フォーム


★搬入出

●搬入:(予定)

 直接:2月3日(月)15時〜18時半  

 郵送:2月3日(月)12時〜16時

 

●搬出日:(予定)

 直接/郵送共に2月16日(日)19時〜21時