【赤鬼展】

 

2020年1月/月一妖怪展:第41弾

 


※上記画像は過去に大怪店にて取り扱った赤鬼モチーフの作品群です。


●鬼(おに)は一般に、日本の妖怪と考えられている、伝説上の存在。民話や郷土信仰によく登場する。  日本語では逞しい妖怪のイメージから「強い」「悪い」「怖い」「ものすごい」「大きな」といった意味の冠詞として使われる場合もある

現在、一般的に描かれる鬼は、頭に二本、もしくは一本の角が生え、頭髪は細かくちぢれ、口に牙が生え、指に鋭い爪があり、虎の皮の褌(ふんどし)や腰布をつけていて、表面に突起のある金棒を持った大男の姿である。色は赤・青・黒などさまざまで、「赤鬼(あかおに)」「青鬼(あおおに)」「黒鬼(くろおに)」などと呼ばれる。

『宇治拾遺物語』巻1には、瘤取り爺の説話が所収されているが、爺が目撃した鬼として、赤い者や青い者、目が一つの者、口が無い者など、様々な異形の者がいたとしている。色ごとに性格も違うという。また、厄を持つ鬼を「穏鬼」と呼んでいる。

※Wikipediaより


大怪展の月一妖怪展は1月は「鬼」関連の妖怪をテーマにしております。

2018年は「鬼展

2019年は「酒呑童子展

 

そして、今年は鬼の中でもビジュアルイメージは一番じゃないかな?と思われる

「赤鬼展」です!


内容:

「赤鬼」をモチーフとした作品や絵画、イラスト、雑貨、グッズ、立体作品、パーフォマンス、音源等の企画展です。参加条件は「赤鬼」がモチーフやテーマになっていることのみ。

赤鬼がメインであれば、他の妖怪がいても大丈夫です!

●企画名:赤鬼展

●日程:2020年1月9日(木)〜1月19日(日)

●定休日:1月14日(火)、15日(水)予定。

●時間:12時〜19時

●場所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-17 2F 大怪店ギャラリー

●TEL:050-5309-2219

●入場料:無料

 

SNS拡散用ハッシュタグは #赤鬼展

短縮URLは 

となります。  


●参加作家募集

参加費:3000円

※「赤鬼」は大怪店で毎月恒例の「月一妖怪展」です。

大怪店内の該当の妖怪貸箱利用者は参加費無料!

販売手数料:30%

作品形態:グッズやアクセサリ、アパレル、イラスト、絵画、立体作品、パフォーマンス、音楽、等々なんでもかまいません。一点物でも量産品でもかまいません。スペースは参加人数によって変動いたしますがイラスト絵はA4程度が目安と思ってください。それより大きいものはご相談ください。

また、期間中にワークショップ開催したい、また在廊希望等もあれば一緒にお問い合わせください。

不明点はお気軽にご相談ください。

 

募集人数最大20名程度

 

申し込みは以下フォームより願います。

一次募集中。12月9日〆切予定。

 

 

参加者募集フォーム


★搬入出

●搬入:(予定)

 直接:1月6日(月)15時〜18時半  

 郵送:1月6日(月)12時〜16時

 

●搬出日:(予定)

 直接/郵送共に1月19日(日)19時〜21時