【豆狸展】

 

 

2019年11月/月一妖怪展:第39弾

 



●豆狸(まめだぬき)は、日本に伝わるタヌキの妖怪。西日本に伝承されているほか、江戸時代の奇談集『絵本百物語』にも記述がある。

 

豆狸は人に憑くものとの説もあるが、憑く相手は豆狸に悪さをした人間のみという。あるときに酒造で働いていた男が豆狸に唾を吐きかけたために豆狸に憑かれ、行方が分からなくなった。4日目に蔵の奥で茫然自失としている男が発見されたが、皮膚の下を瘤のようなものが走り回っていた。憑いた豆狸はなかなか落ちなかったが、豆狸を祀る約束をしたことでようやく落ち、森助大明神という祠が建てられて人々に崇められたという。

 

『 絵本百物語』の記述によれば、広げると八畳もある陰嚢を持ち、関西以西に多く棲んでいたという。犬くらいの大きさで、通常のタヌキよりもずっと知能が高く、陰嚢に息を吹きかけることで大きく広げて部屋などの幻を人に見せたり、自ら陰嚢をかぶって別の者に化けたりしたという。

 

※Wikipediaより


昨年の月一妖怪展より

10月は狐系妖怪

11月は狸系妖怪で攻めております。

今年の狸系妖怪は「豆狸」です!

 

 

それでは詳細/参加募集要項は以下よりどうぞ!


内容:

「豆狸」をモチーフとした作品や絵画、イラスト、雑貨、グッズ、立体作品、パーフォマンス、音源等の企画展です。参加条件は「豆狸」がモチーフやテーマになっていることのみ。

海坊主がメインであれば、他の妖怪がいても大丈夫です!

●企画名:豆狸展

●日程:2019年11月21日(木)〜12月1日(日)

●定休日:11月26日(火)、27日(水)予定。

●時間:12時〜19時

●場所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-17 2F 大怪店ギャラリー

●TEL:050-5309-2219

●入場料:無料

 

SNS拡散用ハッシュタグは #豆狸展

短縮URLは http://bit.ly/33Z03Ct

となります。  


●出展作家:(順不同)

大蛇堂/芸人怪奇倶楽部/ユキ*トモ/たなかひさとも/BUNIZUCCI/廻/ミナ・ヌクッタ/etc


●参加作家募集

参加費:3000円

※「豆狸展」は大怪店で毎月恒例の「月一妖怪展」です。

大怪店内の該当の妖怪貸箱利用者は参加費無料!

販売手数料:30%

作品形態:グッズやアクセサリ、アパレル、イラスト、絵画、立体作品、パフォーマンス、音楽、等々なんでもかまいません。一点物でも量産品でもかまいません。スペースは参加人数によって変動いたしますがイラスト絵はA4程度が目安と思ってください。それより大きいものはご相談ください。

また、期間中にワークショップ開催したい、また在廊希望等もあれば一緒にお問い合わせください。

不明点はお気軽にご相談ください。

 

今回は同時募集で11月23日、24日在廊できる作家様も募集します。

 

募集人数最大20名程度

 

申し込みは以下フォームより願います。

一次募集終了。

二次募集中。10月16日〆切予定。

 

参加者募集フォーム


★搬入出

●搬入:(予定)

 直接:11月18日(月)15時〜18時半  

 郵送:11月18日(月)12時〜16時

 

●搬出日:(予定)

 直接/郵送共に12月1日(日)19時〜21時