【アナログ妖怪ゲーム展】

 

★画像は現在大怪店の妖怪貸箱で取り扱いしている、アナログ妖怪ゲームです。

左から、

「百怪夜行」(ペンとサイコロ)、

「百怪一首/妖怪狂歌カルタ「日本妖怪研究所)、

「サンノゼ」(Studio Turbine)

となります。


世は正にアナログゲーム時代!!!

巷にはたくさんのボードゲームカフェが生まれ、デザフェスにやワンフェスにも迫る勢いのゲームマケーット!

そこにはコンシューマーゲームやPCゲーム、スマフォゲーム全盛の今の時代にあっても、次々と生み出されるアナログゲームがある。

 

おきまりのWikipediaによると

「アナログゲームの「アナログ」という言葉は、「デジタル式コンピュータを使用しないゲーム→デジタルではないゲーム→デジタルの逆はアナログである」という論理的ではない単なる連想によるもので、アナログという語の意味からは誤用である。  

特にウォー・シミュレーションゲームやテーブルトークRPG、トレーディングカードゲーム、ドイツのボードゲームなど、ここ数十年で新しく誕生してきたタイプのテーブルゲームに対して「アナログゲーム」という呼称が良く使われる。日本で生まれた俗語であり、ゲーム雑誌やカルチャー雑誌、インターネットのゲームサイトなどで頻繁に使われている。  ウォー・シミュレーションゲームなどで、人手で扱うには煩雑に過ぎ、誤りの可能性が高い判定などの処理を、小規模の論理回路等を使用して一部の自動化したようなものもあるが、そういったものもこのカテゴリに含める(複雑であることの他、軍人将棋の類の不完全情報ゲームで対戦者以外の第三者による判定が必要なものについて、第三者の役割を任せるため、といったものもある)。  アナログゲームという呼び方が生まれた背景には、日本においてコンピュータゲームが急速に発展したことによって、単に「ゲーム」と呼んだ場合はコンピュータゲームを指すことが一般的になってしまったことが大きい。」

 

と行った説明があるが、

今回の「アナログ妖怪ゲーム展」では、妖怪や怪奇現象等をモチーフにしたコンピューターを用いない、ボードゲームやカードゲームといったものを総じてカテゴライズして怪催としようと思う。

 


●内容:アナログ妖怪ゲームの展示販売。また試遊会。

●ジャンル:怪や怪奇現象等をモチーフにしたコンピューターを用いない、ボードゲームやカードゲーム、カルタ等々。それにまつわるイラストや原画作品や備品等々

不明点はご質問ください。

●企画名:アナログ妖怪ゲーム展

●日程:2019年1月24日(木)〜2月3日(日)

●定休日:1月30日(水)、31日(木)予定

●時間:12時〜19時

●場所:大怪店(2019年に店舗移転して高円寺となります。住所は後日お伝え致します。)

●TEL:050-5309-2219


●参加作家募集

参加費:3500円

販売手数料:30%

作品形態:妖怪や怪奇現象、モンスター的なものモチーフとしたボードゲーム、カードゲーム、かるたといったコンピューターを用いない、ゲーム全般。またそれにまつわるイラストや資料集の展示やパーツ等も大丈夫です。

また、メイン作品が妖怪や怪奇現象、モンスター的なものとなっていれば、自身の他のボードゲーム等の併売もOKです(二次創作ものはNGです)。

気になる方はお気軽にご相談ください。

 

募集人数10サークル程度  

 

申し込みは以下フォームより願います。

一次募集〆切ました。

二次次募集〆切は12/23(日)となります。

 

参加募集フォーム